便秘と水について

便秘の予防と改善には

現代社会において、便秘に悩んでいる方が特に女性に多いと言われています。便秘が慢性的になってしまうと、腸内環境が悪化して、体の調子が悪くなってしまったり、病気を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

 

便秘は、排便機能の低下によるものが多いのですが、中には病気などが原因で便秘になっている可能性のものもあります。排便機能の低下による便秘の場合には、食生活の乱れをなおしたり、適度な運動を行うことで改善されることもありますが、重症化している便秘については、専門の医療機関に相談するのが良いでしょう。

 

排便機能の低下からくる便秘は「機能性便秘」と言われ、おおよその場合は、生活習慣を見直すことで治ることがあります。

 

ではどのように生活習慣を見直すと良いのでしょう。

 

便秘を解消するための生活習慣の改善とは

食生活の乱れを直し食物繊維のあるものを摂るように心掛ける
ヨーグルトなどの乳製品から乳酸菌やビフィズス菌を摂取するように心掛ける
毎日水分を十分に摂ることを心掛ける

 

便秘の改善には、「食事」と「運動」と「水分摂取」を心掛けるようにしましょう。食物繊維のある海藻や大豆、野菜などを食べるようにしましょう。また、善玉菌となる乳製品の乳酸菌などを摂ることも、腸内環境を整えてくれますので、積極的に摂取することが必要です。

 

水分が十分補給されている健康な体では、大腸にある便が体の水分を吸収し、腸内を移動できるようなかたさに調整してくれます。しかし、水分が不足している体では、便が吸収する水分が足りないので、摂取した食べ物などの水分から吸収するようになるので、便がかたくなってしまい便秘という症状を起こしてしまうのです。

 

水分補給には、頭で意識して水分を摂ることが必要です。通常のどの渇きからくる水分補給以外にも、発汗作用などから多くの水分が体から排出されていますので、排出されてしまった水分を補うように水を飲むことが必要なのです。

 

成人した人間に必要な1日の水分量は、体重1Kgあたり約50mlです。体重が60Kgの方であれば、3リットルの水分が必要ですので、食べ物などからの水分以外に、水を飲むことで水分補給できるように心掛けていきましょう。

 

便秘に効果のある水の摂り方は、朝起きた後に飲むコップ1杯程度の水です。起きた後の水分補給は、腸内まで届きやすいと言われていますので、目覚めた後にますは、コップ1杯水を飲む生活習慣をみにつけていきましょう。

 

宅配水があれば、好きな時に好きな量だけ、ろ過された安全な水が手軽に飲めますし、水を飲む生活習慣も身に付くようになりますので、ご家庭に宅配水を1台置いておくのもおすすめですね。

 

▼便秘予防・改善には生活習慣の見直しと水から▼
水分補給にオススメな水はこちら