健康と水の関係について

健康のために水を飲む!

私たち人間は、体の中のほとんどが水分であるのをご存じですか。胎児で約90%、子どもで約70%、成人で約60%、老人で約50%の割合を占めています。

 

この水分量がでも不足してしまうと、脳梗塞心筋梗塞、また夏場にかかりやすいと言われる熱中症などになってしまう可能性があると言われています。自分の健康を守るためには、体内水分量が不足しないように常に補給していく必要があるのです。

 

ではその水分補給は何を目安にして摂るべきなのかわからないですよね。
目安としては、(体重1kgあたりの必要水分量×体重=1日に必要な水分量)となります。体重1kgあたりの必要水分量は、幼児が約120ml、子どもで約100ml、成人で50ml、老人で40mlです。これは最低限に摂取する量なので、体内の水分を補っていくのにはこれ以上の水分を摂ることを心掛けていかなければなりません。

 

水分を摂るタイミングはいつ?

水分を摂ることが重要なのはわかりましたが、健康を守るためにはどのようなタイミングで水分を摂るのが良いのでしょうか。

朝起きた時に
スポーツや激しい運動をした前後
お風呂に入る前後
就寝する前に

 

1日の間に、水分は発汗や排尿などによりどんどん失われています。その水分を補うようにするためには、こまめに水分を摂るようにしなければいけません。寝ている間も汗は出ますので、朝起きた時から水分を摂ることが良いのです。

 

1日の間で飲む水分はのどが渇いたと感じる前に飲むように気を付けていきましょう。のどが渇いたと感じている時は、すでに水分が不足しているということです。夏の暑い時期などには、発汗などで水分量が多く失われてしまいます。特に摂取水分量に気を付けて飲むように心掛けていきましょう!

 

 

宅配水クリティアの詳細はコチラ